人間に興味を持った妖精のラーラが現在過去未来と遊びながら、少しづつ人間を理解していきます。
  • 2017/05
  • 2017-06 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/07
終章
2007年10月04日(木) 11:03











終章






酔中花とは山の中でも、


海の中でも、都会でも、田舎でも、


地球上のどこにでも、あるいは宇宙のどこにでも、


あらゆる所に、いつでも咲いている花の事である。


可憐な小さな花でもあり、


雲のような大きな花でもあり、


見る者の心によって、あらゆる形に、


あらゆる大きさに変化し、


あらゆる香りを漂わせる花の事である。




人間が、その花の事を忘れない限り、


その花は永遠に咲き続けている事だろう。


そして、宇宙が夢まぼろしであるように、


酔中花もまた、夢まぼろしの花である。









 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----